ハムスター

一人暮らしにオススメのペットとは

一人暮らしという環境とペット

空前のペットブームのなか、さまざまな人が犬や猫を飼うようになりました。
ですが、現実問題として考えると、いろいろと世話をしてあげなければならず、簡単に飼えるものではありません。

特に一人暮らしということを考えると、さまざまな制約がつきます。
世話をするといっても、だれもいない時間が増えますが、それでも多くのことをしなければいけないのですから、ペットを飼うのは難しくなってしまうのです。

一人暮らしという環境を考えた場合、向いているペットを考えることも大切でしょう。
それがお互いのために大切な選択となるからです。

一人でも遊んでいられる猫

一人暮らしという環境に向いているのは、やはり犬より猫でしょう。
留守番をするということが苦ではなく、一人でもそこまで寂しがりません。
ただし、鳴き声の問題があったりするため、去勢手術などを考えることも必要です。

一人でも寂しくはないといいつつも、運動をしたりできるようにキャットタワーを設置したり、ご飯が給仕できるようにしておいてあげることも必要となります。
帰ってきたら、たっぷりと愛情を注いであげることを忘れてはいけません。

他にも、実未曾有児をしてあげたり、歯磨きや爪切りをしたりすることも重要です。
こうしたお世話さえできれば、一人暮らしでも飼うことができるでしょう。

人懐っこさでは怠けないフェレット

一人暮らしということでは、ほとんど手間をかける必要がないフェレットも人気です。
人懐っこい性格で、帰るとお迎えをしてくれるぐらいになりますが、睡眠時間が長いため一人暮らしでも十分飼うことができます。
鳴き声が問題になったりすることもありませんし、暴れて問題になることもありません。

世話としては、ご飯と水の取り換え、ケージの掃除ぐらいです。
あとは一緒の時にできるだけ遊んであげることが重要となります。

実はきれい好きなのがフェレットです。
お風呂に入れてあげることが必要で、1カ月に1回は洗ってあげましょう。
あとは、一人暮らしでものんびりと暮らすことができます。

とても飼いやすいウサギ

ウサギの人気が高まってきたのも、一人暮らしでも簡単に飼うことができるという点空でしょう。
手間がほとんどかからず、おとなしい性格も重要でしょう。
触り心地も気持ちよく、鳴き声も出しません。

トイレのしつけという点も重要で、教えていくと自然にできるようになって行きます。
穏やかな気性からいっても一人暮らし向きでしょう。
ただし、非常に臆病なので、少しずつ仲良くなって行く必要があります。

お世話としては、餌と水、ケージの掃除が必要です。
この辺りはほかのペットと変わりませんが、ブラッシングをしてあげたり爪切りをしたりすることも必要になります。
1カ月に1度ぐらいは徹底したケージの掃除が必要です。