檻の中の犬

最後を看取った後の準備

愛犬の最期を看取ったら

長く一緒に暮らしてきたペットも、高齢が進むことでいつかは老衰による死を迎えることになります。

ペットの死には大きく「自然死」「安楽死」「事故死」の三種類がありますが、長く連れ添ったペットとのお別れということで言えば理想的なのは自然死と言えるでしょう。

三つのうち「安楽死」はほとんどの場合設備のある動物病院などで行うことになりますが、自然死と事故死は自宅もしくはその周辺で迎えることになります。

まず問題になるのがその亡くなった遺体をどのように保管すればよいかということですが、もし葬儀などをしてきちんとしたお墓に入れることを考えているなら、犬の身体が収まる大きさのダンボールもしくは木箱を用意して棺桶とします。

箱の底に新聞紙を敷き詰めて必要ならば保冷剤などを入れ、使い捨てるタオルや新聞紙で包むようにして遺体を入れます。

遺体は放置しておくとどうしても体液がしみだして来てしまいますので、葬儀の日取りが決まるまではできるだけ冷暗所に置くようにします。

葬儀の方法とお墓の準備

特別に葬儀という式をするのでなくただ安らかに眠ってもらいたいというときには、地方自治体で行っている遺体の引き取りを利用するのがよいでしょう。

こちらは手軽に遺体を処置してくれはしますが、取扱い上「有料ゴミ」ということになるのでやはり長年一緒に過ごした飼い主さんにはちょっと抵抗感があるかもしれません。

きちんと葬儀をしたいというときには、民間のペット葬儀業者へ依頼をすることになります。

葬儀業者にもいろいろあり、ただ火葬を行うだけのところから、人の葬儀のようにきちんと一体ずつ立会のもとで火葬をするものなどさまざまです。

セレモニーまで必要かというとまた意見が分かれると思いますが、方法はピンきりですのでもしものときのために事前に調査をしておくとよいでしょう。