フェレットの育て方

フェレットの飼育について

小さい動物を飼いたいと思っていたのですが、最近フェレットを飼う方も増えてきているとのことです。
フェレットは、小さい動物なので、飼いやすいと云う点からも、人気の動物とのことです。
私も、フェレットがとても気になっていたので、どのように育てていけばいいのか。調べてみることにしました。
フェレットを育てていくためには、えさを与える必要があります。
えさは何を食べるのだろうか。調べてみました。

フェレットは、小さくてかわいい動物。というイメージですが、実は肉食獣でした。
肉食獣であるということは、たんぱく質や脂肪分の摂取が健康な体を維持するために、必要となってきます。
また繊維質が多い野菜や果物は消化しきれないので、与える際は繊維質が低いものを与えるようにしましょう。
フェレットのえさですが、フェレットの専用のえさが販売されいるので、
そのえさを与えるのが便利で栄養もあり、良いでしょう。

但し気をつけなければいけない点があり、フェレットは気に入った食べ物があれば、
ずっと同じものを食べる、という性質をもっています。そのため、えさの切り替えが難しく後から栄養が高い
えさをみつけて、これに切り替えよう、と思っても、フェレット自身が食べてくれない、というケースが考えられます。
フェレットを飼育する際には、後からえさを代える、といったことがないように、
事前にしっかりと与えるえさを調査して、決めておくほうがよいでしょう。

栄養面で評価が高いトータリーフェレットフード

性質を知ってしまうと、余計に信頼のあるものを購入して、フェレットに与えたい、と思うのが飼い主の思いでしょう。
ここで一つオススメするのが、アメリカのトータリーという会社から出ている、トータリーフェレットフードです。
たんぱく質や脂肪分が沢山入っており、そして食物繊維が低い。
という、栄養のバランスがとれたフェレットのペットフードなのです。
栄養面での評価が高いと、好評なフェレットのペットフードです。
えさの与え方ですが、1日に5回から6回ほどえさをあげます。
成長に応じて、回数を減らして、量を増やしていきましょう。
赤ちゃんのフェレットは、えさをお水やお湯でふかしてあげましょう。柔らかくして食べさせるためです。
そして、歯の生えかわりなどを考慮して、段々と固いえさにしていくとよいでしょう。
やわらかいえさをずっと与えていると、歯垢がつきやすくなってしまいます。
また、夏などはえさがすぐにふやけてしまうなどで、腐りやすくなってしまうので、様子を見てとりかえてあげましょう。
フェレットには、与えてはいけないものがあります。
意外な感じがしますが、ミルクを飲ませてはいけません。

さらにドッグフードもいけません。
チョコレートや犬猫同様に玉ねぎ、おねぎも中毒を起こしてしまう可能性があるので、与えないように注意をしましょう。
フェレットは、基本フェレット用のペットフードを与える。ということで問題ありません。
そして、量などや回数などを調整して、育てていくことををおすすめいたします。