犬の育て方

えさの与え方

まず、犬のえさの量ですが、成長に応じて調整をする必要があります。
犬の赤ちゃん。誕生をした際には、母乳または犬用の代用乳を与えます。

1ヶ月ごろはドライフードとミルク

1か月ごろになると乳歯が生え始めます。乳歯が生え始めたら、離乳食を1日4回のペースで与えていきましょう。
離乳食は、子犬用のドライフード、ミルクでふかして与えます。
母乳とあわせてあげても問題ありません。

2ヶ月~4ヶ月頃はだんだん固くしていく

2カ月ごろになったら、ドライフードをふやかす時間を短くするなどして、固めにします。
そして、段々と固くしていきそのまま食べられるようにします。
4か月ごろになったら、1日3回にします。成長期と言われており、
栄養価の高い子犬用のフードを与えるとよいとのことです。

6ヵ月~8ヶ月頃から成犬フードに近づいていきます

6か月ごろになると、食べる量が安定してきます。このころは、1日2回から3回です。
子犬のえさの必要な量として、6か月がピークだと言われています。
そして、徐々に食事をする量が減っていきます。
8か月になると、成犬と同じ大きさになってきます。
体重が増加しなくなってきたら、成犬用のフードに変えましょう。

1歳~7歳になるまで

1歳は1日2回です。その後、少しずつ1日1回にしていきます。
そして、7歳になると老犬と呼ばれるようになります。老犬になったら、老犬用のフードに変えます。
消化機能などが弱ってくるので、消化をしやすい食べ物をあげなければなりません。
犬に与えるえさの量は、ペットフードにも書かれています。

また便の様子で、えさの量を調節するという方法もあります。
適度な硬さの便が出ているときには、えさの量がちょうどよいと云う目安になります。
そして、固くてコロコロした便であれば、えさの量が少ないということです。
また、やわらかい便であれば、えさの量が多すぎるもしくは、消化不良を起こしてしまっているということが考えられます。

そして、食欲で確認をすることもでき、えさをあげても食べないという場合は、
えさの量が多いということが考えられます。
調子が悪く食べないこともあると思うのですが、その際には1食や1日えさを与えず、
様子を見ることもおすすめです。

”しつけ”や”褒める時”以外おやつは与えなくても良い

与えてはいけないものですが、おやつは与えなくても良いです。
トレーニング中に、しつけが出来た時など、ほめるさいにおやつをあげる。という程度にとどめると良いです。
おすすめの犬用のペットフードですが、獣医さんがおすすめをしているペットフードがあります。
獣医さんがおすすめをしているということもあり、栄養バランスが考えられているペットフードなので、
安心してえさを与えることが出来ます。
ペットフード選びに困った際には、参考にしてみてください。